fc2ブログ
2015
01.15

Category: 未分類
本日は、川崎チッタデッラにてジオにとって4度目になります「ジャズ ラチッタデッラナイト」に出演させていただきました。

「多くの層の方にジャズミュージックに親しんで、また発見してもらえたら」、というコンセプトに共感したジオはMC(ミュージックチャージ:音楽を聴くための料金)を取らない状態での本日のライブも楽しみにしておりました。

そして相変わらず、「私の音楽への心を伝えられるように!」、と彼にできる一番の演奏をした1時間後の出来事でした。

「本日はお越しくださいまして、どうも有り難うございました!」と、ジオ。
足早に立ち去るリスナーの方々。お忙しい中でのご足労がうかがえます。ほんとうに有難うございました。

またしかし、その間に(または、ジオの演奏中でしたでしょうか? 常時CDは価格¥2500で無人販売中でありましたが・・・)ジオの何枚かのCDは無言のまま行方をくらませたのでありました。

「ジオのCDを、誰かが無言で持って行ってしまった!!!」

現在、諸外国(米国やヨーロッパ等)には数多くの、無料にて芸術鑑賞を提供する場が多数存在します。(ジャズフェスティバル~博物館や美術館まで!) そして、そこには創作者と観賞者の双方からの信頼性と敬意とで成り立つ空間があります。 お互いに妥協を許さない、そしてよき理解者、であること。

日本の代表する例には「農作物の無人販売」があります。 同上に感謝と敬愛の念で成り立つ行いです。

本日の事件は、ジオにとって大変残念な経験となってしまいました。 是非ともこれが全くの勘違いや、ミスによる出来事であったことを祈るばかりでございます。

親愛なるサポーターの方々には不振な人物等には今後ご注意下さいますようどうぞ宜しく願いもうしあげます。


















スポンサーサイト




トラックバックURL
http://monpeymusic.blog.fc2.com/tb.php/112-13f2c0e1
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top